読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

草原に

寂しい
寂しい

それなのに
光を求めてしまうのは

暗闇の中、まだ光があると信じてしまうのは
どうしてだろう



君も負けるな頑張れなんて決まりの言葉は
時に嵐で一人ぼっちにさせた

結局一番遠かったのは自分の心さ

空色の草原に僕はソファーをおいて

僕はときどき寂しかったけど

大人になるともっともっと寂しかった



共感してくれる人がいる
愛を語ってくれる人がいる


そんな世の中に生きている